ハンガリーのワイン産地22



ハンガリーには22のワイン産地があります。

特に重要な産地にはカタカナをふります。

今後各地域について書いていく予定です。

①北パンノニア

Aszar-Neszmely

Etyek-Buda エチェックーブダ

Mor

Pannonhalma パンノンハルマ

Sopron ショプロン


②バラトン     
Badacsony バダチョニ
Balaton-felvidek
Balatonfured-Csopa バラトンフレッド・チョパ
Balatonboglar バラトンボグラール
Somlo ショムロー


③南パンノニア

Balaton-Melleke

Pecs

Szekszard セクサールド

Tolna

Villany-siklos ヴィラーニーシクローシ


④グレートプレイン(大平原)
Csongrad

Hajos Baja ハヨーシバヤ

Kunsag クンシャーグ


⑤北ハンガリー
Eger エゲル

Bukkalja

Matra マートラ


⑥トカイ
Tokaj トカイ


                         
ハンガリー全体の産地では白ワインが約70%を占めています。

約40年の共産主義の時代をくぐりり抜けて

「量より質」に転換されて
注目されています。

あまり知られていませんが、かなり歴史もあります。

例えば、
トカイではフランスのAOCよりも先に原産地呼称がありました。

ハンガリーのポテンシャル
トカイのスイートワインはもちろん事
赤ワイン・白ワイン・スパークリングワイン

そしてパーリンカ(グラッパに似ています)に至るまで

すごい可能性を秘めていると信じています。

金額を度外視すればフランスなどの産地のワインが良い場合があることは十分承知しています。


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA